×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  

平成26年度 部展


  ・場所:さいたま会館 第一次展示室
  ・期間:12/6〜12/7
  ・作品概要:34点
        (校内展・むつめ祭作品など旧作品、新作)
  ・総計来場者数 70名

    たくさんのご来場有難うございました。


















◆賛助作品

 
埼玉大学教授 書道部顧問 大橋 栩道




 ◆合同作品


○雲外蒼天(4年生の作品)
困難を乗り越え、努力すればよい結果が得られるの意。
雲が障害を指し、青い空が良い結果のこと。



 
○江雪(2,3年生作品)
唐代の詩人柳宗元による五言絶句の詩。
生き物の姿は絶え、人通りもない川で老人が独り釣りをしている。そんな雪の日の情景が描かれています。





○槿花一日之栄(1年生の作品)
この世の栄華の儚く虚しいことのたとえ。
白居易「松樹千年終に是れ朽ち、槿花一日自ずから栄を為す」より。
槿花とはムクゲの花。











◆半切以上作品



  
              ○蘇軾「赤壁賦」                                         ○自由 「水面に映りて」 


    
            ○自由 久保帯人 BLEACHより「The Lust」                           ○ケ完白「白氏草堂記」


  
              ○草書 千字文                                          ○十七帖


    
              ○王羲之 「集字聖教序」                                     ○「多宝塔碑」


    
              ○道因法師碑                                           ○董其昌「詩冊」


 


◆色紙作品

 
                               


   
                               


   
                               


   
                               


 



◆その他


  
               ○深山幽谷                                          ○黄庭堅










○夏目漱石「こころ」












>









◆展示の様子