×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  

第65回むつめ祭


  ・場所:教育学部A棟 A112教室
  ・期間:11/22〜11/24
  ・作品概要:18点
        (校内展作品など旧作品、新作)
  ・総計来場者数 575名

    たくさんのご来場有難うございました。


















◆展示の様子

  


 
   毎年恒例の部員の似顔絵。絵が得意な部員も多いのでハイクオリティーでお送りします^^

  
  ↑HP・ツイッターも宣伝                  今年来訪者の方からコメント頂けるようにノートを設置

  
  部長がいつの間にか作成していました。          写真左側。お疲れ様です。


◆むつめ祭 新作


   『リトライ!花鳥風月』

新作でありながら4年前の汚名返上と称し、改めて書・ォ直した作品
オンマウスで以前の作品が表示されます。  



















『上杉謙信公家訓十六箇条「実在心」』

越後の深雪に名を馳せた武将の心の体現した家訓


















◆部員企画作品  『晩秋から初冬の季語〜難読漢字〜』
各作品のタイトルにカーソルを合わせると読み方が表示されます


  
  『十文』                              『小さい林檎見〜つけた』


    
  『寒い冬には…』                             『お風呂には浮かべません』  


  
   『森の賢者』                              『菊の頃』


    
『幽霊の正体みたり』                                『晩秋の季語』


    
『Autumn』                                『上を向いて歩こう』


   
『冬といえばな!!果物』                               


 



◆書道体験


  





意外と人気がある書道体験。
←部員も覚えているほどの常連さん。5年連続だそう…
またのご来場お待ちしております。写真掲載許可有難うございました!











◆体験者の作品
  


  
 テーマは「旬の食べ物」さんま、クリなどを書いていかれた方が多かったよう
 今年の流行が分かります。某ネコちゃんとかいたと思います…